現在、日本はギャンブル業界を禁止および制限している国の1つです。しかし、業界でのこの国の評判は7世紀にまでさかのぼります。ギャンブル業界は国内で公正な日々を過ごしてきましたが、世界大戦後、その活動は禁止されました。日本が世界大戦後の経済的損失から回復するためにギャンブルを使用したことにも言及することは同様に重要です。ギャンブル業界での禁止は、国がその合法化に備えているため、変更される予定です。既存のギャンブル業界と、カジノの合法化がもたらすと思われる影響について見てみましょう。

パチンコ市場:

これは日本のスロットです。ただし、当時のカジノに付属しているスロットと比較すると、パチンコは異なり、国内ではるかに人気があります。広告のおかげで、ほとんどどこにでもあります。日本には米国よりも多くのパチンコがあります。数字のために、国には約400万台の機械を収容する12,000以上のパチンコ店があります。なんと数が業界に20.7兆円をもたらします。スロットと最新のオンラインカジノのおかげで、業界の人気が低下していることにも言及することが重要です。それに加えて、それは国のGDPに4%も貢献しています。

一元化

一元化:

現在のところ、国内でギャンブルまたはギャンブルが許可されているものはすべて、完全に分散化されています。これは混乱と混乱を引き起こします。しかし、カジノの出現と合法化に伴い、政府は業界の透明性を確保し、国の評判の基準に達するために、より多くの規則を導入することが期待されています。

収益:

収益

国内の地元のオンラインまたはオフラインのギャンブル業界が経済にシェアを持っていることはすでに述べましたが、これは最近変化すると思われます。専門家は、収益は今後2%の成長を目撃すると示唆しています。パンデミックと封鎖の後に世界が開かれていることを考えると、これは業界にも影響を与えるように設定されています。カジノの合法化の問題では、それは国を地図に載せます。観光客の流入は確かに助けになります。

コンペ:

コンペ

カジノが脅威となるトップ産業の1つは、地元のパチンコです。これは国のスロットです。彼らは長い間国内にいましたが、オンラインとオフラインのスロットと競争する必要があります。それに加えて、彼らがスロットやボーナスと競争することを選択した場合、彼らの操作には異なるアプローチが見られるかもしれません。とはいえ、新しい業界が既存の業界に脅威を与えるという事実は、卓越性の可能性を示唆しています。

結論:

日本はゲームの首都としての評判を実現する必要があります。新しいカジノは国の名前を作るだけでなく、次善のギャンブルの場所にする可能性があります。


0 Comments

Leave a Reply

Avatar placeholder

Your email address will not be published.