ゲームの世界でこの国の評判があるにもかかわらず、日本はカジノギャンブルを禁止し続けている国の1つであり続けています。そうは言っても、それは国内にカジノがないことを意味します。カジノとは別に、国が後援するいくつかの例外を除いて、さまざまな種類の賭けを禁止しています。しかし、カジノ業界の急進的なロビー活動のおかげで、国は業界を合法化する準備ができています。これに関連して、法律は可決され、国の3か所に陸上カジノを設立するための入札が住宅から要求されています。

国のギャンブルの歴史:

日本はギャンブル業界で有利な歴史を持っています。帝国の国のお気に入りの通過時間の1つであった7世紀までさかのぼりますが、私たちが持っているカジノでは実現されていませんでしたが、確かに主流でした。国は1907年に近代的な規制を可決し、その後、戦争の開始により活動が停止されました。日本が第二次世界大戦後の経済を回復し、癒す手段としてギャンブルを使用したことにも言及することが重要です。

国のギャンブルの歴史

刑法第23章:

刑法第23章は、国がさまざまな種類の賭けやギャンブルを禁止および禁止するために使用する法律のセクションです。この自転車ベッティング、カジノ、トトなど。ただし、国が後援するさまざまな種類のベッティングが許可されています。そのうちの1つは、競馬やモーターレースなどの他の種類のスポーツです。そうは言っても、オンラインカジノは、それを禁止する規定がないため、この種の合法化に苦労し続けています。カジノが国境の外から運営されている限り、それらに制限はありません。

統合型リゾート(IR)有効化法:

刑法第23章

先に述べたように、国は合法化され、カジノの最初のラインを確立します。これに関連して、統合型リゾート実現法が2018年に可決され、統合型リゾートの形で国内の3か所にカジノを設立できるようになります。

制限:

議員たちが直面していた問題は依存症の問題だったので、法律はカジノに入る地元の人々にいくらかの制限があることを規定しています。これは、カジノに入場するために一定の料金を支払う必要があり、曜日によっては入場が許可されることを意味します。この場合、カジノ管理委員会はカジノの発展を見落とし、住宅の免許を取り消して付与する権限もあります。現在、大阪でカジノを建設するために許可された入札は1つだけであり、他の2つの入札は東京と横浜で開かれています。

制限

結論:

日本での陸上カジノの建設と合法化により、それは確かに優れたギャンブルの場所として機能するでしょう。電子ゲーム分野での国の評判を考えると、それが期待に応えることができるかどうかはまだわかりません。

Categories: カジノ

0 Comments

Leave a Reply

Avatar placeholder

Your email address will not be published.