日本でのギャンブル禁止の時代は終わりました。国は最近、カジノを合法化する法律を可決しました。業界を合法化する最初の試みは2000年代初頭に行われましたが、法律が可決された2018年にその試みが実現しました。これに関連して、カジノを監督し、取り消し、ライセンスを発行するためにカジノ管理委員会が設立されました。これは国内のカジノの規制機関となり、円滑に機能するための規制も構成します。

日本のカジノ管理委員会:

簡単に言えば、カジノ管理委員会は、国内のカジノの運営と運営に関して、ライセンスを付与し、許可とライセンスを取り消す権限を持ちます。委員会は、業界を見落とし、すべてが国の法律の枠組みの下で運営されているかどうかを確認するために設立されました。それに加えて、依存症やその他の社会的責任などの問題に対処する責任もあります。これは、法案の可決中に議論された最も繰り返された問題の1つでした。委員会がカジノに入る地元の人々にいくつかの制限を課すことに言及することも同様に重要です。これは、依存症を思いとどまらせ、地元の人々のためにギャンブルをすることをより規律あるものにするためです。

形成

形成:

委員会には、中央機関を形成する委員長と他のメンバーがいます。福岡元検事総長の片村道夫氏が会長、名古屋国税局長、宇治金博之氏、渡利道子氏が委員を務める。メンバーは、調査を実施し、業界内に存在する可能性のある問題を解決する権限と責任を持ちます。

形成

制限:

法律は、カジノに入る地元の人々に一定の制限があることを確認しています。これは中毒を思いとどまらせ、安全な環境を促進するためです。この点に関して、地元の人々がゲームフロアにアクセスできるようにするための料金がかかります。彼らは6,000円を支払う必要があります。それに加えて、彼らはまた、特定の曜日にカジノに入ることを許可されます。

入札:

入札3つの入札のうち、2つはカジノを設立するためにカジノ会社に与えられました。しかし、最近発生している問題の1つは、施設のセキュリティです。行政はカジノのセキュリティを見逃し、特に犯罪行為からカジノを保護し、積極的な措置を講じることでカジノをより安全にします。

結論:

日本のカジノ行政は、国内のギャンブル業界を見落とす委員会となる。ライセンスから中毒の落胆まで、委員会は対処するのが難しい仕事をするでしょう。広告管理の責任の1つは、カジノにセキュリティを提供することでもあります。それに加えて、規制が守られているかどうかを確認し、法律に違反した場合はライセンスを取り消します。とはいえ、彼らはまた、国のギャンブルの中央集権化にも役立ちます。


0 Comments

Leave a Reply

Avatar placeholder

Your email address will not be published.